製品メニュー

キャピリアVT

製品説明

キャピリアVT

リーフレット・ダウンロード

特徴

  • 簡便かつ迅速に大腸菌ベロトキシンを検出します。
  • 特別な装置や技術を必要としません。
  • 操作は1ステップで極めて簡単です。
  • 試料滴下後15分で結果が得られます。
  • 感度・特異性に優れています。

添付文書・ダウンロード

このページのトップへ

試料の調製方法

静置培養法を用いる場合

  1. 被検大腸菌株を寒天培地表面の全面に接種して37℃で16〜20時間培養します。
  2. 培地表面の菌体を掻き取り(マッチ棒の頭3倍程度の量:斜面培地の全面又は平板培地の1/3〜全面に相当する量)、1mLのポリミキシンB溶液に浮遊させます。

    ポリミキシンB溶液: 5,000単位/mL硫酸ポリミキシンBを含む生理食塩水

  3. 37℃で5〜10分毎に振盪を加えながら30分間反応させます。
  4. 浮遊液を遠心分離機で1,500G、15分間遠心し、上清を試料とします。

振盪培養法を用いる場合

  1. 被検大腸菌株を液体培地に接種し、37℃で16〜20時間激しく振盪培養(120〜150rpm)します。
  2. 培養液を遠心分離機で1,500G、15分間遠心し、上清を試料とします。

キャピリアVT

このページのトップへ

<

使用上又は取扱い上の注意

  1. 取扱い上(危険防止)の注意
    1. 検査にあたっては、感染の危険性を考慮してマスク、手袋等の保護具を着用するなどし、慎重に取扱ってください。
  2. 使用上の注意
    1. 大腸菌として分離培養された菌株を検体としてください。複数の菌株が混在する場合、正しく検査出来ない可能性があります。
    2. 本品は、大腸菌ベロトキシンを迅速に検出するための試薬です。判定が陰性となった場合でも、直ちにベロトキシンの存在を否定するものではありません。確定診断は、臨床症状や他の検査結果と合わせて担当医師が総合的に判断して行ってください。
    3. 品質の低下を防ぐため、高温多湿及び直射日光を避け、2〜30℃で保存してください。
    4. 本品を冷蔵保存していた場合は冷蔵庫から出して30分以上放置し、室温に戻してからご使用ください。
    5. テストプレートの入ったアルミ袋は使用時まで開封しないでください。
    6. テストプレートの試料滴下部及び判定部を直接手などで触れないでください。
    7. 検体ごとに新しいマイクロピペット用チップを使用してください。
    8. 硫酸ポリミキシンBを精製水で溶解した溶液を使用すると偽陽性の原因となりますので、使用しないでください。
  3. 廃棄上の注意
    1. 検査に使用したテストプレートや試料の残り等は、感染の可能性のあるものとして、必ずオートクレーブ処理(121℃、20分)するか、0.1%次亜塩素酸ナトリウム溶液に1時間以上浸して処理してください。試薬、試料の残り等を廃棄する場合には、廃棄物の処理及び清掃に関する法律、水質汚濁防止等の規定に従って処理してください。

このページのトップへ

参考データ

対照品との相関の結果

対照品
陽性 陰性
本品 陽性 39 0 39
陰性 0 50 50
39 50 89
陽性一致率:100%(39/39)
陰性一致率:100%(50/50)
全体一致率:100%(89/89)

このページのトップへ

製品概要

測定原理:
免疫クロマトグラフ法
使用目的:
大腸菌ベロトキシンの検出
有効期間:
12ヶ月 (製造後)
貯蔵方法:
2 ~ 30℃で保存
測定時間:
15分
保険点数:
大腸菌ベロトキシン定性 194点 [区分D023-2 3]
微生物学的検査判断料 150点 [区分D026 6]
(平成30年4月1日より適用)
品名 キャピリアVT 5テスト キャピリアVT 160テスト
カタログ番号 CAVT0210 CAVT0220
JANコード 4987815002107 4987815002206
包装単位 5テスト用 160テスト用
希望小売価格
(税別)
6,600円 176,000円

このページのトップへ